8月
2016

ポケモンGOでジムバトル!カビゴン対策!

ポケモンGOそのものや、実装されたジムバトルが日本各地で開催されている。

それによって、震災復興の一翼を担っているとの声もあるほどだ。

《参照》・・・http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201608/20160831_11018.html

ここではジムバトルの対策方法を紹介するので、被災地に赴いた際は現地で楽しんでほしい。

ポケモンGOジムバトル ~カビゴン編~

ジムバトルでも強力の力を発揮するカビゴン。

ジムを防衛しているときにはどんなポケモンで、どんなわざをつかい、カビゴン対策をしたらいいか紹介していこう!

●カビゴン攻略方法

「こうかばつぐん」を与えられるかくとうタイプのわざがおすすめだ。

ノーマルポケモンのカビゴンの弱点は格闘タイプのわざのみとなっている。

ジムに配置されているカビゴンは、大抵が高CPとなっていて、なかなか手ごわいが、「「こうかばつぐん」」を狙って、高いダメージをあたていけば勝利へ近づくはずだ!特におすすめのかくとうわざは、「クロスチョップ」と「かわらわり」の二つだ。

●カビゴン対策にオススメのポケモン

カイリキー:非常にDPSの高いクロスチョップを覚えているポケモンで、カイリキーのタイプもかくとうタイプとカビゴンの弱点もついていける。

通常攻撃でもかくとうタイプのわざを覚えていれば、カビゴンにたいしてたくさんダメージをあたえていけるぞ!

オコリザル:オコリザルもカイリキー同様にクロスチョップをおぼえることだ出来るポケモンだ!通常攻撃では、「けだぐり」を覚えさせておくのがおすすめだ。

ゴローニャ:ゴローニャは、さきほどあげたカイリキー、オコリザルのようにカビゴンにたいして効果抜群をとることができないのだが、カビゴンの攻撃をあまり受けることなく戦えるのだ。

「マッドショット」はゲーム内での修正がはいり弱体化してしまったが、それでもダメージはあたえられるのでつかっていくといいだろう。